HOME > 部下主体のコーチング

部下主体のコーチング

従来の縦社会の考え方が頭にあって、上司が部下のために心遣いをするというのに違和感を感じる人も少なくないと思います。しかし、コーチングにおいてはその従来の考え方を、頭の中から一度切り離してください。コーチングにおける主体はあくまで”部下”なのです。ここでは、コーチングにおける部下を主体とする意義について説明しています。

顕在意識と潜在意識の違い

顕在意識と潜在意識の違いをご存知ですか?顕在意識は、私たち自身が気づいている「自分が知っている自分」です。一方、潜在意識は私たち自身があまり…

誰が主体のマメジメントか?

コーチングでは従来の上司主体のマネジメントより、部下主体のマネジメントの考え方を基本としています。この2つはどこか違うのでしょうか?どのよう…

パワーシフトの背景

未来学者のアルビン・トフラー氏が1990年に発表した「パワーシフト」という著書があります。この本の中で、彼は「あらゆる国、あらゆるジャンルで権…

タテ型組織からヨコ型組織へ

コーチングの考え方をもとに、最近の企業では「タテ型組織」から「ヨコ型組織」に移行している企業が多くあります。ヨコ型組織は、社員同士のつながり…