HOME部下主体のコーチング > 顕在意識と潜在意識の違い

顕在意識と潜在意識の違い

顕在意識と潜在意識の違いをご存知ですか?顕在意識は、私たち自身が気づいている「自分が知っている自分」です。一方、潜在意識は私たち自身があまり意識してない自分、すなわち、「自分の気づいていないもしくは自分が知らない自分」のことを言います。顕在意識は、実はその人の意識全体で考えるとほんのわずかにしかすぎません。つまり、「その人の答えはその人の中にある」というその「答え」は、顕在意識ではなく潜在意識の中にあるのです。その潜在意識に気づいてもらうため、上司のあなた部下に対し、「部下が自分の意識が見える鏡のような問い」を問いかけてあげることで、部下は自分の内面に初めて気づくことができるのです。

その問いかけあっていますか?

部下に対する問いかけを「もっとよく考えてみなさい!」といった強い口調で言ったりはしていませんか?この行動は、あなたにとっては部下を思った内面への問いかけのつもりかもしれませんが、部下にしてみれば、上から叱られた、命令されたという思いにしか過ぎません。今一度、あなたの問いかけは部下の内面を引き出す問いとして適切か確認してみましょう。