HOME部下主体のコーチング > 誰が主体のマメジメントか?

誰が主体のマメジメントか?

コーチングでは従来の上司主体のマネジメントより、部下主体のマネジメントの考え方を基本としています。この2つはどこか違うのでしょうか?どのようにしたら結果がでるのか?という考え方に立ってみると、上司主体のマネジメントは、あなたがコントロールしないと部下が動きません。一方、部下を信頼したコーチングでサポートをした部下主体のマネジメントですと部下の中に答えがあり、最終的には企業にとってよる高い成果を出すことが可能なのです。

上司本位から部下本位へ

上司本位のマネジメントから部下本位へ移行するためには、現在のコミュニケーションのあり方を支配的で従属的な「指示命令型」から協働的な「質問型」に変える必要があります。そういった工夫で、あなたの企業がタテ型組織からヨコ型組織に変わっていくのです。