5) 確認スキル

最後の「確認スキル」の説明に入ります。「確認スキル」とは、あなた(上司)が部下のコーチングの際、「部下にとって大事な3つ」を確認するスキルです。それでは、「部下にとって大事な3つ」とは何でしょう?それは、部下の「未来」「現在」「過去」の3つを確認することです。確認とは「確かに認める」という意味でもあります。誰でも自分自身を認めることは難しいものです。その時に、誰かが自分を認めれくれるとしたら、その部下は本来自分の持っている力を存分に発揮する自信をもつことでしょう。

部下が上司をコーチングしてもOK

今まで上司のあなたが部下に対してコーチングする際のノウハウを説明してきましたが、あなたが部下にコーチングされても実は全く問題がありません。コーチングとは相手を指導するものではありません。ある特定の技術と哲学のもと、相手の個立を目標に行う人間関係・コミュニケーションです。大きな定義で考えると、会社の社員すべてが「コーチング」対象なのです。